FC2ブログ
calendar
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
anniversary
Daisypath Anniversary tickers

Lilypie Third Birthday tickers Lilypie First Birthday tickers
it's NEW
profile

such☆

Author:such☆
佐賀生まれ 東京在住
進学を機に上京し、在学中に地球を一周。Uターン就職の予定がなぜか東京勤務。そして、とうとう東京の嫁になる。
2007年12月 結婚
2011年04月 長女出産
2013年04月 次女出産

"年齢相応"がモットー、座右の銘は”一期一会”。初めての育児、毎日ムスメ達の笑顔に癒されながらマイペースに楽しんでいます。

counter
comments

いろいろうまくいかない。。





『BEST PIANO 100』というアルバムを購入した。







EMIのクラシック・コンピレーションの第2弾、ピアノバージョン。







6枚組で3,000円とお手ごろな価格で名曲揃い。かなりお買い得。











もう二昔くらい前の話。実はピアノ教室に通っていた。







両親(特に父親)が、子供が生まれたらピアノを習わせたい、と思っていたそうだ。







両手同時に、それも違う動きをさせると脳に良い刺激を与えるから、とかナントカ。







幼稚園から中学2年生くらいまで、約10年通っていた。







楽譜はまだ読めるかもしれないけれど、







もう弾ける曲は「ねこふんじゃった」くらいだろう。(実は発表会で連弾した曲。一応)











収録曲を聴いていると、いろんな思い出がよみがえって来た。







「エリーゼのために」





小学生の時に欠かさず見ていた日曜日の「ハウス名作劇場」。





『若草物語』で三女ベスの弾くこの曲にとても憧れ、





先生にお願いして発表会用にリクエストしたっけ。







「別れの曲」





月9の名作「101回目のプロポーズ」で使用された曲。





主人公の死んでしまった恋人が彼女のために弾いて聴かせていた。





友人から楽譜をプレゼントしてもらい、課題曲そっちのけで毎日練習したなぁ。







「トルコ行進曲」





最後の発表会で弾いた曲。





指が長いせいで違う鍵盤を叩いてしまい、なかなか上手く弾けなかった。





今でも大好きな曲である。









一番好きな曲、と友人が自演の音源を贈ってくれた「『英雄』ポロネーズ」







サントラCDも"ヘビロテ"の「ピアノ・レッスン」のマイケル・ナイマン







リストの「ラ・カンパネラ」、ベートーヴェンの「悲愴」、サティの「ジムノペディ」、、、







ただのピアノ好きの私が知っているようなベタな名曲がたくさん入っている。







全部聴くにはだいぶ時間がかかってしまうけれど、







インデックスを見てるとわくわくする。













映画同様、素晴らしい楽曲は胸を打ち、心に響く。













いろいろうまくいかない今日この頃、ピアノの旋律でリセットしよう。











スポンサーサイト



コメント:

非公開コメント

Twitter...
category
search
500色の空
links
BlogMURA
RSS