FC2ブログ
calendar
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
anniversary
Daisypath Anniversary tickers

Lilypie Third Birthday tickers Lilypie First Birthday tickers
it's NEW
profile

such☆

Author:such☆
佐賀生まれ 東京在住
進学を機に上京し、在学中に地球を一周。Uターン就職の予定がなぜか東京勤務。そして、とうとう東京の嫁になる。
2007年12月 結婚
2011年04月 長女出産
2013年04月 次女出産

"年齢相応"がモットー、座右の銘は”一期一会”。初めての育児、毎日ムスメ達の笑顔に癒されながらマイペースに楽しんでいます。

counter
comments

感謝!







新しい月の始まりの日、

私の7年間の勤務が終わった





退職を考え始めたのはどれくらい前だっただろうか。





そもそも、入社する時に5年働いたら辞めようと思っていた。

5年という根拠は、、、

「3年はタダ飯喰い、それから2年働いてトントン」

と父に言われていたからだ。

だから、逆に何があっても5年は辞めずに続けると決めていた。





人間関係に悩み、毎日出勤するのが苦痛な時期があった。

やがてご飯も喉を通らなくなり、周りも心配するほど痩せてしまった。

いくらダイエットを試みても挫折しかしたことなかったのに

この時は、初めて実家に帰りたいと思った。





内勤から営業の仕事に変わってからは、ぐっと視野が広がった。

お客さんには怒られながらも、一から教えてもらって勉強勉強、

一人で出張に行かせてもらったり、忙しい分楽しくもあった。

自分の力で大きな商談を決めた時は本当に嬉しかったな。





その一方で会社の組織が大きく変わり、

お世話になった上司が次々に転勤していった。

置いてけぼりの気分に陥ったが、ボーッとしている暇はなく、

ただただガムシャラに目の前の仕事に没頭した。

しかし、

新しい上司との間には温度差があった。

自分のやっていることに迷いが生じ、モチベーションがなくなった。

潮時だと感じた。





何でもテキパキ完璧にこなす!バリバリ仕事大好き!!

というイメージを持たれているようなんですが、

一人じゃ何にもできないんですよ

皆さんの期待を裏切らないよう見栄張ってるんですよ・・・



お客さんや同僚、家族、そして夫。

沢山の人達に助けられ、支えられ、励ましてもらったから、

ここまでやって来れた。





二度と思い出したくないような思い出もあるけれど、

この会社に入って良かった、と心から思う。

だって、この7年間はかけがえのない日々だったもん。

まさに 一期一会





出会い=

同じ会社で働く「縁」、同郷の「縁」、取引先との「縁」、

その他、好きな食べ物や歌やアーティストが同じだったりとか、、、

ちょっとした「縁」を集めて、それを紡いだものが【絆】になる。



退職は終点ではなく、一つの通過点にすぎない。

今生の別れではないのだから、「また会いましょう」と皆に伝えた。



縁を継続するのは、その人の努力だと思う。

Keep in touch.

そのためにも健康に気をつけ、笑顔で毎日を送りたい



スポンサーサイト



コメント:

非公開コメント

Twitter...
category
search
500色の空
links
BlogMURA
RSS